きれいなものを書くということ

そこに、あるきれいに書かれた文章があるとする。

 

 

ふと思う。

これは、いったい、だれのために書かれたものなのだろう?と。

 

おりこうさんに書かれたきれいな文には、実は何もない。

宛名もないので、だれかになにか伝えたいことも、特にはない。

ただ、通過儀礼(それも形骸化している)としての、書くこと。

 

心に響かない。残らない。届かない・・・。

 

書くことって、もっと大変で、もっとむずかしくて、もっと気楽で、もっとゴリゴリの、もっとワクワクとする、とても創造的な営みなのではなかろうか。感じたことを育てていく仕掛けとしての、書くこと。

 

彼ら・彼女は、いつ、どのようにして、そのことから逃れてしまったのだろうか。そうなってゆくのだろうか。

 

彼ら・彼女らは、すこしのあいだでも、ワクワクしているのだろうか。

 

きれいな言葉だけで。